インク補給の仕方

カートリッジ式

各社専用のカートリッジインクを差し込むだけでインクが流れる。

胴軸をはずして空のスペアーを抜き、新しいスペアーをまっすぐに差し込みます。差し込んだあと、スペアーの真中を軽くつまむとすぐに書くことが出来ます。携帯性に優れており、旅行などに便利。

吸入式

ボトルインクからインクをインクタンクに吸入し、使用するタイプ。

胴軸にインクタンクが内蔵されておりインク量が多い。

筆記量が多い方に便利で、又、インク色の交換が簡単で(吸出入により前に使用したインクの洗浄がスピーディーに出来る)カラーインクを多用する方にお勧めです。吸入のコツはインクボトルから吸い上げるときにペン先全体をインクの中に入れることです。

①吸入ノブを左へ止まるまで回して下さい。(ピストンが下に下がります。)
②ペン先が完全に隠れるようにインクの中に浸けて下さい。
③吸入ノブを右に回してインクを吸い上げてください。(1度で吸入できない場合は2~3度繰り返して下さい。)
④インクをいっぱいまで吸い上げたら吸入ノブを少し左に回してインクを2~3敵落とし、もう1度右に回して下さい。ピストンが上に上がります。
⑤首軸についたインクを柔らかい布などで拭き取って下さい。

コンバータ式

カートリッジ式の万年筆にコンバーターを使えば吸入式と同じ様に使えます。特にカートリッジ式の弱点である洗浄が簡単になりますので、洗浄の道具としてお客様にお勧めできます。

(一部ショートタイプのペンには、使用できない場合もあります。)

万年筆の掃除の仕方(カートリッジ式・吸入式両用タイプ)

用意するもの

  • 深めのコップ
  • 水またはぬるま湯
  • さらし布 
  • インキがつくので汚れてもよい古い布(繊維を巻き込む恐れがあるため、タオル以外の柔らかい布)

  1. コップに水またはぬるま湯を入れます。
  2. カートリッジを抜きペン先・首軸をそのままコップのなかに一晩入れます。(図1)

  3. 翌朝首軸からペン先に向け、水が流れるように何度か通しきれいに洗います。(図2)

  4. 最後に布で水分を拭き取って下さい。

しばらく使う予定のない時はインキを抜き、必ず右図の要領で洗浄してから保管して下さい。

カートリッジの入れ方

カートリッジを差し込むときは首軸をしっかり持ち、ペンを上に向けて真っ直ぐに差し込んでください。カートリッジを差し込んで抜けないようにしてからペン先を柔らかい布でくるんで軽く振るか、カートリッジを両側から軽く押しペン先にインキを送り出すとスムーズに書き出すことができます。

※回しながら入れるとカートリッジが正しく装着されない場合がありますのでご注意下さい。